東京の日本語学校について

東京は日本国内でも大学や専門学校が多い地域として有名です。

東京大学や一橋大学といった国立大学、早稲田大学や慶應義塾大学といった私立大学、首都大学東京といった公立大学などさまざまな大学が存在します。

日本語教師の資格情報をお教えします。

そういった大学には日本人学生のほか、世界中から留学生が来学し、学んでいます。日本では少子化が進行しており、大学に入学する学生数も減少していますので、学生数のキープのために留学生を多数受け入れしているのです。
また、日本人学生よりも留学生のほうが相対的に優秀だ、という実態もあります。

こういった留学生は大学に入学する前に日本語学校で日本語を学んでいるケースが非常に多いです。


日本語学校においては基本的な会話のほか、大学入学のためのサポートも行っています。


研究計画書の書き方や教授とのアポイントの取り方、面接の受け方など入学のための予備校としての役目も果たしています。

日本語学校においては大学入学のサポートの専門家が在籍しており、多くの留学生がサポートを受けて入学試験をパスし、大学に入学を果たしています。



国際化の流れの中、留学生の大学進学は今後も続くことが予想されており、日本語学校に入学する留学生も増加傾向にあるだろうと思われます。日本人学生としても優秀なライバルが増えるということですので、勉学に身が入る、という意味では非常に有意義であるということができます。



日本好きの留学生が増えれば、日本のためにもなります。